はじめに

育では、言葉の遅れやコミュニケーションが取りにくい、行動面などがきになるお子様に対して、遊びを通し、心と言葉を育て人と関わる力を育てるための療育を行います。一人ひとりの発達状況に合わせ、様々な療育方法を用いて成長をきめ細やかにサポート致します。また、保護者様の相談を通して、子育ての悩みを一緒に考えながらご家族の思いやお子様の気持ちに寄り添った支援を心がけております。


育の特徴

お子様の自分らしさを大切に一人ひとりの発達状況に合わせて「個別」「集団」の療育プログラムを提供いたします。

到達目標(短期目標・長期目標)を明確化し、保育士・児童指導員・言語聴覚士の専門スタッフによる定期的な評価を行いながら療育を進めていきます。 

ご家庭、幼稚園、保育所、小学校等の関係機関との連携を行います。


 ことばトレーニング

 言葉を話すには、耳で聞いて理解する力、知的な発達、口や舌など口の周りの筋肉の発達、人とやりとりする力です。この4つの力が土台となって話せるようになります。言語聴覚士よりアドバイスや定期的な個人トレーニングを受けることができます。


個別トレーニング(未就学児・小学生)

門スタッフ(保育士・児童指導員・言語聴覚士)とマンツーマンで取り組みます。個別でスモールステップを積み重ねながら、達成感を味わい、自尊心を高め、幼稚園や保育園、小学校での大きな集団へ繋げます。



集団トレーニング(未就学児・小学生)

  集団で狙いを明確にした設定遊びを通して、ルールを守る事、状況判断、相手の気持ちの理解、自分の考えや気持ちを伝えるなどの社会生活で大切なスキルを繰り返し学びます。